ひなこしき

一人でも多くの誰かの『?』が『!』になりますように。

子育て 生活

赤ちゃんの紫外線対策はいつから必要?日焼け止め選びや注意点を確認しよう!

投稿日:2017年4月21日 更新日:


外の陽気もぽかぽかと暖かい日が続くようになり、

赤ちゃんがいるご家庭では、一緒にお出かけしやすい時期になりましたね。

そこで気になるのが、赤ちゃんの紫外線対策。

1年中降り注いでいる紫外線は、3月頃からその量が増え5月にはピークを迎えます。

そんな紫外線の強くなる時期にむけて、

今回は赤ちゃんの紫外線対策や日焼け止めの選び方や

使い方の注意点ついてご紹介します。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの紫外線対策はいつ頃から必要なの?

月齢が低ければ低いほど紫外線対策は必要になります。

なぜなら、大人の肌と比べてとてもデリケート。

赤ちゃんの体質によっては、

紫外線を強く浴びてしまうと、やけどをした時のような状態になったり、

ひどい場合には水ぶくれができてしまう事あるんです。

ですから、外出の際の赤ちゃんの紫外線対策はとても重要です。

しかし、生まれてからすぐは、なかなか外出の機会も少なく、室内で過ごす赤ちゃんが多いかと思います。

ですので、紫外線の対策が本格的に必要になってくるのは、首が座り始める生後3ヶ月くらいと考えましょう。

赤ちゃんの日焼け止め、選び方の基準と使いやすいタイプは?

無添加、無香料、紫外線吸収剤フリーのものを!

赤ちゃん用の日焼け止めであれば、刺激の強い成分がたくさん入っていることは少ないかと思います。

しかし、念のためしっかりと成分表示を確認し、

無添加、無香料、紫外線吸収剤フリーのものを選んでおくと安心ですね。

紫外線吸収剤は赤ちゃんの肌へは刺激が強いと思いますので、できれば避けることが望ましいです。

スポンサーリンク

SPF値はSPF10~SPF30程度のものがおすすめ!

1~2時間程度のお散歩や買い物であればSPF10から15程度のもので十分です。

半日~1日の外出の場合は、SPF20~SPF30程度のものを塗ってあげてください。

もし、長時間の外出時に、SPF値の高めのものを使うことで、肌への刺激が気になる場合は、

SPF10程度のものを30分に一度はぬりなおしてあげてくださいね。

使いやすい日焼け止めはジェルタイプ!

しっかりと紫外線をカットしていくためには、肌にムラなく伸ばせることが重要になります。

簡単に肌に伸ばしやすい形状を考えますと、ジェルやローション、乳液タイプの柔らかいテクスチャーの日焼け止めがおすすめです。

上記のタイプのものの中でも、私がおすすめするものはジェルタイプの日焼け止めです

お出かけ前の時間のないときに、赤ちゃんの肌に簡単に伸ばすことができますし、肌のべたつきも少ないものが多いので使いやすいです。

さらに、石鹸でも簡単に落とせるので赤ちゃんのデリケートな肌にも適しています。

赤ちゃんに日焼け止めを使用した後の注意点

外出先から自宅に帰った後はなるべく早く日焼け止めを洗い流してあげましょう

赤ちゃん用の優しい日焼け止めであっても、肌が弱い赤ちゃんにとってはやはり刺激になります。

日焼け止めが残ったままですと、赤ちゃんによっては、赤みなどの肌トラブルを起こしてしまう場合があるだけでなく、

あせもや湿疹も出やすくなってしまいますので、出来るだけ早く洗い流してあげってくださいね。

まとめ

とはいえ、外出後すぐに日焼け止めを石鹸で洗い流すのもなかなか難しいですよね。

ですので、私の場合は、日焼け止めや色々なUVカット効果のあるグッズを組み合わせながら外出していました。

紫外線が気になってくる季節ですが、おうちの外には、赤ちゃんのいい刺激になるようなものがたくさんあります。

紫外線の強い時間を避けたり、日焼け止めなどの紫外線対策グッズも効果的につかいながら、

赤ちゃんとの外出を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

-子育て, 生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

友人からの2人目の出産祝い 嬉しかったプレゼントや困ったものはなに?

お友達の出産祝いに贈るプレゼント、どんなものを贈ったら喜んでもらえるだろうかと悩んでしまうことありませんか? スポンサーリンク それがお二人目のお子さんの誕生祝いとなると、色々そろっているだろうしと、 …

梅雨時期の洗濯物の嫌な匂いは予防できる?干し方や洗濯の方法をご紹介!

梅雨時期、洗濯物から漂う嫌な臭いが気になる…。という経験はありませんか? スポンサーリンク 雨の日がつづくと、洗濯物を外に干すことができずに、どうしても部屋干しが続いてしまいますよね。 そこから漂う臭 …

日焼け止めのPAの意味って?肌の老化を防ぐ日焼け止めの選び方をご紹介

日焼け止めって沢山種類があってなにを基準に選べばいいのかとなやみますよね。 スポンサーリンク 日焼け止めの選び方を間違えてしまうと、肌に大きな負担になってしまうこともあるんです。 今の肌を老化のスピー …

友人が出産!お見舞いを避けたり、お祝いを渡す良いタイミングは?

仲の良いお友達からの出産報告。 スポンサーリンク 出産を頑張ったお友達やうまれたばかりの赤ちゃんにすぐにでも会いに行きたいですよね。 でも、ちょっと待って! 出産後、お母さんの体調などを考えると、すぐ …

日傘のUVカット効果に寿命があるって本当?日傘の正しい選び方もご紹介!

紫外線対策グッズの中でも日傘を多用している人も多いですよね。 スポンサーリンク さすだけで、簡単に紫外線をカットすることができ、日差しから守ってくれて、熱中症対策にもなりますから日傘はとても便利です。 …