ひなこしき

一人でも多くの誰かの『?』が『!』になりますように。

悩み 美容

朝の顔のむくみを解消する簡単な方法や原因と対策をご紹介します!

投稿日:2017年5月7日 更新日:


お酒を飲んだ次の日の朝、鏡をみて顔やまぶたのむくみにおどいたことはありませんか?

そんな日はメイクもなんだかうまくいかなそうだし、気分も下がり気味になりますよね。

特にその日が、デートや、重要な仕事、面接日など自分にとって大事な日となると、朝からパニックです。

そんな時に、朝の短時間でむくみをすっきりさせる方法をご紹介します!!

スポンサーリンク

朝の顔のむくみを解消できる簡単な方法とは?

私が実践していた、むくんだ顔をすっきりさせていた方法は、洗顔後のマッサージです!

むくみの正体は、体にたまってしまった余分な水分と老廃物ですから、血行を良くし、余分な水分と老廃物をリンパまで流してあげることで、むくみのないすっきりした本来の状態に近づけることができますよ。

マッサージの方法洗顔後、化粧水、乳液、クリームで肌を整えた後に行ってくださいね。

①耳周りをほぐす
まずはじめにマッサージの効果を出すために、耳を上下左右いろんな方向に引っ張ります。
そして引っ張りながら耳を前方向や後ろ方向にぐるぐると回します。強さは痛気持ちいくらいの強さです。
耳の周りは沢山リンパ節が集まっていますから、その周辺をほぐすことで、老廃物を流しやすくすることができます。

②顔のリンパ節をプッシュ
人差し指、中指、薬指の三本の指の腹を使って、こめかみ→もみあげ→耳の横→耳たぶのすぐ下のくぼみ→そのまま真っ直ぐ首筋を下にさがり鎖骨の骨までという順番で、、ゆっくりとプッシュしていきます。
三秒押して、ゆっくり離すを繰り返しながら、少しずつずらして移動させてください。
この顔周りと鎖骨までを優しくプッシュすることで、リンパの流れをよくし、これから顔やまぶたの老廃物を流しやすくします。

③まぶたのマッサージ
眉頭下→目頭→目の下の骨を目じりに向かって優しくプッシュします。
まぶたを閉じて、目頭から目尻、目尻からこめかみと中指ろ薬指の腹を使って少しひっぱるようになでます。
ただし、目の周りの皮膚や眼球は繊細ですので、強く押しすぎたり、引っ張りすぎたりしないように行ってください。

④顔全体のマッサージ
まぶたをとじて、手のひらの温かみを顔につたえるようにやさしく顔を覆います。
顔の中心から外側に向かって、少し強めになでるように、手のひらを耳の方にスライドさせていきます。

そのとき、
・おでこからこめかみ
・両目の目頭からこめかみ
・鼻の横から耳の横
・ほうれいせんのラインから耳下

と4つに分けて、日宇Hのしたにたまった老廃物を顔の中心から外側に流すようになでるといいですよ。

⑤しあげ
こめかみ→耳の横→耳たぶの下のくぼみ→首筋→鎖骨までをもう一度、なでながらプッシュします。
これを数回繰り返します。

顔周りや耳の周辺にはリンパが集まっているので、温めながらマッサージすることでリンパ液の流れがよくなりむくみもおちついてきまし、乳液やクリームをなじませるついでにマッサージをするので、乳液等も顔によくなじむので一隻二兆ですよ。

スポンサーリンク

でも、この顔のむくみ、どうして次の日の朝に起こりやすいのでしょうか?

朝の顔のむくみ 原因は一体何にあるの??

朝に起こる顔やまぶたのむくみは、前日までに足元にたまった体の余分な水分や老廃物と寝る時の姿勢に関係があります。

体の冷えや運動不足、塩分や水分のとりすぎ、ストレスなど、様々なことが原因でリンパの流れが滞ると、体の中に余分な水分や老廃物が滞ります。

そしてその老廃物は、日中から夕方にかけて、重力にしたがって下がってきます。

通常私達の体では、下半身にたまってくる老廃物等をふくらはぎの筋肉をつかうことで、上半身にもどすことができます。

ふくらはぎが第二の心臓とよばれるのは、足元にたまった血液や老廃物などを再び心臓に戻すこのポンプのような役割を持つためです。

しかし、運動不足や冷えで血行が悪くなったり、水分塩分のとりすぎにより、余分に増えてしまった水分や滞った老廃物は上半身に戻りきれずに足元にたまるようになります。

夕方、足がむくんでくるのはこのためです。

そして、その足元にたまってしまった体液がその日の内に外に排出されないと、夜寝る時に体を横にすることで、上半身にまた移動してきてしまうんです。

ちょうど、中途半端に中身の残ったペットボトルを想像してみてください。

ペットボトルを立てているときは液体は下にたまっていますよね?

これを横にするとどうなりますか?

そうです。下の方にたまっていた液体がボトルの飲み口の方まで移動してきます。

私達の体も同じことが言えるんですね。

朝に顔がむくみということは、夜寝ている間に足元から余分な水分や老廃物が上半身に移動してきた結果なんですね。

つまり、朝起きたときのむくみの正体は前日までに体にたまってしまった余分な水分と老廃物なんです。

さらにまぶたは筋肉や皮膚が薄いために、前日の水分の取りすぎなどの影響も受けやすい部分ですから、むくむのも当然なんです。

ではその朝顔にでてしまうむくみを予防することはできるのでしょうか?

朝の顔のむくみをなくすための対策はある?


体の中の結構をよくし、リンパの流れをよくすることが予防方法になります

方法としては
・お風呂にゆったりつかる
お風呂につかることで、全身の血行がよくなり、リンパの流れも同時によくなります。

そこで、お風呂の中で、ふくらはぎ、足の付け根をマッサージすることで、よりリンパが流れやすくなりますよ。

・就寝前の水分摂取は控える
就寝前に、塩分・水分やアルコールを摂ると顔に浮腫みがでやすくなりますので注意が必要です。

ここぞという日の前日はお酒もほどほどにしましょう。

・うつ伏せ寝はさける
うつ伏せは、仰向け寝よりもさらにむくみやすくなります。

・冷えに注意
冷えは血行やリンパの流れを悪くします。

お腹まわりや、三首と呼ばれる部分(足首、手首、首)がエアコンの風に直接当たらないようにするなど注意してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まぶたや顔のむくみをすっきりさせて、朝から元気に活動できるといいですよね!

むくみを避けるためにも、お酒の飲みすぎにはぜひ注意を!

スポンサーリンク

-悩み, 美容
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤ちゃんの発熱 冷やすタイミングはいつ?冷やす場所や方法をご紹介!

夜中に泣き出した赤ちゃん。いつものように抱き上げたらびっくりするほど熱い! スポンサーリンク 急な赤ちゃんの発熱はホントに心配になりますよね。 そこで、早く熱を下げるために冷やす時の大事なタイミングと …

梅雨に起こるむくみやめまい 体調不良の原因は何?その改善の近道をご紹介します!

梅雨の時期になると、なんとなく体調がすぐれないときや、病院に行くほどではないけれどむくみやめまい、頭痛などに悩んだりしませんか? スポンサーリンク もしかしたら、それは、体の中の『水』のバランスに原因 …

日焼け止めのPAの意味って?肌の老化を防ぐ日焼け止めの選び方をご紹介

日焼け止めって沢山種類があってなにを基準に選べばいいのかとなやみますよね。 スポンサーリンク 日焼け止めの選び方を間違えてしまうと、肌に大きな負担になってしまうこともあるんです。 今の肌を老化のスピー …

梅雨時期の洗濯物の嫌な匂いは予防できる?干し方や洗濯の方法をご紹介!

梅雨時期、洗濯物から漂う嫌な臭いが気になる…。という経験はありませんか? スポンサーリンク 雨の日がつづくと、洗濯物を外に干すことができずに、どうしても部屋干しが続いてしまいますよね。 そこから漂う臭 …

日焼けで肌が赤くなる人必見!肌に合った日焼け止めの選び方をご紹介

あの人はほとんど日焼けしてないのに、なぜ私は日焼け止めを塗ってもこんなに赤く日焼けしてしまうんだろう? スポンサーリンク 同じような生活スタイルを送っているのに、日焼け止めもしっかり塗っているのに、な …