ひなこしき

一人でも多くの誰かの『?』が『!』になりますように。

生活 美容

日焼け止めのPAの意味って?肌の老化を防ぐ日焼け止めの選び方をご紹介

投稿日:


日焼け止めって沢山種類があってなにを基準に選べばいいのかとなやみますよね。

日焼け止めの選び方を間違えてしまうと、肌に大きな負担になってしまうこともあるんです。

今の肌を老化のスピードを加速させないためにも、もう一度、日焼け止めを選び方を確認してみませんか?

スポンサーリンク

日焼け止めのPAの意味って?PA値の高低は肌の老化スピードを左右する!?

いきなりなのですが、日焼け止めのPA値の印象ってどんなイメージですか?

なんとなくですが、SPF値にはこだわる方は多いけれど、それに比べてPA値はあまり重要視されていないというか、影が薄い気がしませんか?

でも実はこのPA値こそが、女性が嫌がる老化のサインであるシワやたるみと大きく関係しているんですよ。

PAはシワ、たるみを悪化させる紫外線A波(UVA波)をどの程度ガードできるかの表示です。

そのPAのガードの強さは、PAの後に付ける『+』の数で表現されます。

強さは『+』から『++++』の4段階でプラスの数が多いほどガード力が高いことを示します。

ちなみに、PAの『+』の部分を言葉に表すとすると、このようになります。

PA +     UVA波からのガード効果がある
PA + +     UVA波からのガード効果かなり高い
PA + + +    UVA波からのガード効果が非常に高い
PA + + + +   UVA波からのガード効果が極めて高い

UVA波を浴びると、私達の肌内部のコラーゲンなどは破壊されてしまいます。

しかし、肌表面に炎症うを起こす紫外線B波(UVB波)と違って目に見える形ですぐには肌トラブルが起こりません。

すぐには肌への影響が表れないのが、なんとなくPA値の影が薄い理由なのではないかと思うのです。

しかし、すぐに肌への影響が出ないことが怖いところで、UVA波からガードしておかないと、シワ・たるみが一気に襲ってきてしまうんです。

じわりじわりと足音をたてずに近づいて、気づいた時には…。という嫌なパターンのやつです。

つまり、肌の老化を感じさせるしわ・たるみを加速させないためには、PA値の方をしっかり確認して日焼け止めを選ぶ必要があります。

日焼け止めのSPFの意味って?どんなトラブルから肌守ってくれるの?

SPFというのは、肌が赤くなってひりひりする原因をつくる紫外線B波(UVB波)から肌表面を守る力を表す数値のことです。

日本ではそのSPFの数値を1~50とし、50以上は50+と表示する決まりがあります。

これも数値が高くなればなるほどUVB波からガードする力が強いということです。

例えば「SPF50」というのは、素肌に比べて、皮膚に届UVB波がく量が50分の1になるということです。

簡単にいうと、素肌の人が1分UVB波にあたった肌への影響とSPF50の日焼け止めを塗った人がその人と同じ影響をうけるのには50分程度の時間を必要とするということです。

しかし、人によって日焼けの影響の受け方に差があったりもするので、実際はこんなにうまく計算したようにはなりません。

UVB波の特徴としては、浴びた後の肌への影響が比較的すぐあらわれます。

UVB波が肌へもたらす影響として、肌表面を赤くひりひりさせるだけでなく、シミの原因をつくりますからこちらもアンチエイジングのためにもしっかり選びたいところです。

では、実際に日々使う日焼け止めを選ぶときは、やはり紫外線から守る力が強い「SPF50 PA++++」が良いのでしょうか?


スポンサーリンク

やっぱりSPF50 PA++++が最強!?肌老化を防ぐ日焼け止めの選び方のポイント

肌の老化を防ぐ日焼け止めは『SPF50 PA++++』が一番効果が高いのでしょうか?

紫外線から守る力が高い「SPF50 PA++++」をつかった方が紫外線の影響をうけにくいので、肌にとってよさそうみえます。

が、しかし、実際はそうではないんです。

一般的にSPFやPAの数値が高い日焼け止めは肌への刺激も大きくなります。

毎日のように数値の高い日焼け止めを使い続けることは肌にとって大きな負担となり、結果的に肌のトラブルを招いてしまいます。

ですから、紫外線の強い海や山、レジャー時に限定して使用するには適していても、日常生活の中で使用するのにはあまり適していません。

またSPF値に関して言えば、紫外線Bを防ぐ力はSPF30あればかなり大きく、それ以上はそれほど大きく変わらないとされています。

ですから、実はSPF30もSPF50も紫外線B波を防ぐ力に、それほど大差がないんです。

つまり、日常生活なら「SPF20〜30」「PA+++」くらいを適宜塗り直しする方が結果的には肌に良いとされ、アンチエイジングに繋がるんですよ。

ちなみに、開封した日焼け止めの使用期限は1年間!

去年買った日焼け止めをがまだあるからと今年も使おうとせずに、毎年新しいものを使うようにしてくさいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日焼け止めは数値が高いものの方がいいとは一概には言えず、用途によって使い分けることが肌を老化させない日焼け止めの選び方です。

また、自分の肌タイプによっても日焼け止め選びは変わってきたりするので、そちらも踏まえながら、上手に使っていきたいですよね!

ランキングに参加しています。
もしよかったら、ポチリをお願いします♪


にほんブログ村
1ポチリがとても嬉しいです!

スポンサーリンク

-生活, 美容
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

両親が還暦 お祝いのタイミングとおすすめの贈り物をご紹介します!

スポンサーリンク ご両親が還暦を迎えるということ。 まずはおめでとうございます。 大切なご両親の人生の記念の日ですし、何か記念になるお祝いを!と思うと、お祝い時期やプレゼントなどろいろと悩みますよね。 …

梅雨に起こるむくみやめまい 体調不良の原因は何?その改善の近道をご紹介します!

梅雨の時期になると、なんとなく体調がすぐれないときや、病院に行くほどではないけれどむくみやめまい、頭痛などに悩んだりしませんか? スポンサーリンク もしかしたら、それは、体の中の『水』のバランスに原因 …

赤ちゃんの就寝時 冷房はつけたままでもいい?設定温度も合わせてご紹介します!

この時期になると、夜になっても気温が下がらず、寝苦しい夜が続きますよね。 スポンサーリンク 冷房がないと寝苦しい夜。 でも、赤ちゃんがいると冷房の温度設定や、つけっぱなしで寝てしまっても大丈夫なのか? …

乳児用麦茶は大人用でもOK?麦茶作りのポイントをご紹介!

そろそろ赤ちゃんにミルク以外の飲み物を飲ませてみようかな。と考えたとき、 スポンサーリンク 手軽にのませやすい飲み物として、麦茶が思い浮かぶお母さんはお多いのではないでしょうか? そこで、大人と一緒の …

浅草のほおずき市 値段や選び方は?正式な飾り方と管理方法もご紹介!

今年もほおずき市の時期がやってきました。ほおずき市といえば、浅草の浅草寺! スポンサーリンク 浅草寺で売られているほおずきの値段や品質の良いほおずきの選び方、そして購入後の正式な飾り方と上手な管理方法 …