ひなこしき

一人でも多くの誰かの『?』が『!』になりますように。

イベント 生活

ハロウィンのかぼちゃの名前と由来!子供に話したいカボチャ纏わる物語をご紹介

投稿日:


ハロウィンの時期になると必ず見かけるカボチャのお化け。

あのかぼちゃのお化けには、実は名前がついているのをご存じですか?

お子さんとハロウィンを楽しむ際に、教えてあげたいハロウィンの事。

おばけかぼちゃの名前やその名前にまつわるおもしろい物語も一緒にご紹介します!

スポンサーリンク

ハロウィンのかぼちゃのお化けには名前があった!?

ハロウィンのシンボル、カボチャのお化けに名前がついていることをご存じですか?

あの黄色やオレンジのカボチャのお化けは”Jack of the Lantern”略して”Jack O Lantern” ジャック・オー・ランタンとよばれています。

日本語にすると【ジャックのちょうちん】です。

また、”ジャック”とは日本でいう”太郎”のような一般的な名前の意味あいでつけられているものなので、【ランタンもちの男】というような意味にもなります。

この”ジャックオーランタン”と名付けられているかぼちゃ。

なぜハロウィンで登場するかぼちゃにこのような名前がつけられているのでしょうか。

実はそれにはジャックというある男の昔話が関係しているようです。

ハロウィンのかぼちゃのお化けの名前に纏わる話”Jack O’ Lantern’s story”

ハロウィンのかぼちゃのお化け、ジャックオーランタン。

このかぼちゃの名前につけられるきっかけになったジャックという男の物語をご紹介します。

≪ジャックの提灯 Jack O’ Lantern’s story≫これはヨーロッパにあるアイルランドという小さな島国に住む、ひとりの男のお話です。

その男の名は”ジャック”

ジャックは、いつでも酔っぱらっているような酒好きの男でした。

それだけでなく、ジャックはとってもケチで、乱暴者で、人のこともよくだますような嘘つきな人間でした。

あるハロウィーンの夜、その日もジャックはお酒をたくさんのみ、いつものようによっぱらっていました。

すると、悪さばかりしていたジャックにとりついて魂を取ろうと、地獄から悪魔がやってきました。

(※ハロウィーンの日は、あの世とこの世の境界線がなくなると考えられていて、その境界線があいまいになる日の夜の時間を狙って、悪魔たちは人間にとりつこうとあの世からやってくると言い伝えがあるそうです。)

悪魔は、ジャックに出会うと、「お前にとりついて、魂を奪ってやる」とジャックの魂を取ろうとしました。

でも、ジャックは悪魔に魂をとられたくはありません。

嘘つきで人をだますのが得意なジャックは悪魔に言いました。

「わかった。仕方ない、俺の魂をお前にあげよう。でも、その代わりにお酒を1杯ごちそうしてほしいんだ。」

考えた悪魔はジャックのお願いに、「いいだろう。」と言ってお酒を1杯買うためのコインに変身したのです。

すると、ジャックはそのコインを自分のお財布の中に素早くしまいこみました。

ジャックは、お財布の中に悪魔を閉じ込めてしまったのです。

お金に変身した悪魔は、財布から出ようとしましたが、ジャックによってお財布の口がかたく閉じられてしまったのででられません。

「出せ!俺をだましたな!出してくれ!」と悪魔はジャックに言いました。

そこで、ジャックは『財布の中からだしてほしければ、俺と取引をしよう。』とある取引を提案します。

その取引は、”これから10年は自分の魂を取ってはいけない”というものでした。

すっかりジャックに騙されてしまった悪魔は、お財布から出るために10年間はジャックから魂をとらないと約束し、無事にお財布からだしてもらいました。

そして、それから10年が経ち、またハロウィンの日がやってきました。

ジャックが夜道をあるいていると、またあの悪魔がやってきたのです。

『今度こそ、お前の魂をもらいにきたぞ!』10年前の約束をしっかりと守った悪魔はジャックに言いました。

今度も、ジャックは自分の魂を悪魔に渡したくありません。

そこで、考えたジャックは、悪魔に言います。

『わ、わかった…。俺の魂をやろう。でもその前にあの木になっているリンゴを1つとてくれないか?魂がとられてしまったら、リンゴが食べられなくなってしまう…。』

素直な悪魔は、リンゴくらいならば…。と木に登りリンゴをジャックに取ってあげようとしました。

すると、ジャックはすばやく木の幹に十字架を刻みました。

悪魔は十字架が苦手です。

十字架を恐れた悪魔は木から降りることができません。

ジャックはまた悪魔をだましたのです。

『頼む、おろしてくれ!お願いだ、ジャック!』

困っている悪魔を見て、ジャックは言います。

『降ろしてほしければ、また俺と取引をしよう。これから先、俺の魂を絶対に狙うな。この約束を守るなら、この木からお前をおろしてやる』

とジャックは”今後自分の魂を絶対にとらないこと”を条件に悪魔と取引を提案しました。

またしてもジャックに騙されてしまった悪魔は、仕方なくその条件を受け入れ、無事木から降りることができました。

それから、長い月日がたち、おじいさんになったジャックは死んでしまいました。

死んだジャックは、天国へ行こうとします。

しかし、生きている時に、嘘をついて人をだましたり、乱暴をしたり、お酒ばかりのんで怠けた生活をしていたジャックですから、もちろん天国には行けませんでした。

そこで、仕方なく地獄へ行こうとしたジャックは地獄の門の前でどこかであっったことのある顔に出会いました。

それはジャックが嘘をついて騙したあの時の悪魔でした。

ジャックはその悪魔にいいました。

『今度こそお前に俺の魂をやるよ、だから俺を地獄に入れてくれ。』

ジャックは悪魔が喜んで自分の魂を奪い、地獄への扉を開けてくれるとおもいました。

しかし、悪魔は、首をたてにはふりません。そして、

『お前の魂はとれない。だって、あの時に”絶対に魂をとらない”と約束したじゃないか。』と言わてしまいます。

ジャックは過去に自分が助かるために悪魔に嘘をついてまで約束させた条件のせいで、地獄へも行くことができません。

困ったジャックは、悪魔に尋ねました。

『だったら俺はどこへ行けばいいんだ?』

悪魔は答えます。

『元いたところに戻れ。』

そういわれたジャックは仕方なく来た道を戻り始めようとしますが、その道はとっても暗くて道がわかりませんでした。

そこで、ジャックはもう一度、悪魔に頼みました。

『暗くて道が良く見えないんだ。だから、頼む。俺に明かりをくれないか?』、

そこで悪魔は、地獄で燃えていた炎を1つジャックにあげることにしました。

ジャックはその炎が消えてなくならないように、そばにあった萎びて転がっていたカブをくりぬきランタンをつくりました。

そのカブで作ったランタンの中に炎を入れ、ランタンの光を頼りに暗い道を歩き始めます。

そして、ジャックは当てもなく自分の居場所を探しながら、この世とあの世をさまようようになりました。

★おしまい★


スポンサーリンク

ハロウィンのお化けのオブジェにカボチャが使われるのはなぜ?

このお話から、ハロウィンの時期になると飾られるカボチャには、”ジャック・オ・ランタン”と名付けられたようです。

人をだまして、その場をやり過ごせても、最終的には痛い目をみるよという海外の教訓の話なのでしょうか。

お話しの中では、ランタンに使われるのはカブとされていますが、これは話の発祥地アイランドではカブが一般的な野菜であったためだそうです。

また、ハロウィン自体の起源がケルトの収穫祭で、ハロウィンの時期とカブの収穫時期は重なっていることも関係しているようです。

その後、アメリカにもこの話が伝わりましたが、カブはなじみが薄かったために、たくさん採れるかぼちゃがカブに代わって使われるようになったといわれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハロウィンのかぼちゃにまつわるお話、意外と奥が深いお話ですよね。

ぜひ、お子さんとハロウィンを楽しむ際にランタンのお話しも一緒にしてあげてくださいね!

スポンサーリンク

-イベント, 生活
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハロウィンのかぼちゃの保存方法 日持ちさせる裏ワザもご紹介!

今年はハロウィンに向けて、かぼちゃをくり抜きジャックオランタンを手作り。 せっかく可愛くできたから、1日でも長く綺麗に飾りたいですよね! 作ったランタンを腐敗のスピードを遅くする保存のポイントをご紹介 …

父の日のプレゼント 義父へは食べ物と体験型が人気!?

義理のお父さんへの父の日のプレゼント。 スポンサーリンク 今年も何にしようかと悩みますよね。 趣味やこだわりが強かったりされると尚更悩んでしまいますよね。 そこで、今年の父の日に義理のお父さんに贈るプ …

夏のお弁当に入れてはいけないおかずや傷みにくくする調味料は?

スポンサーリンク 夏場のお弁当作り。食中毒という言葉もよく耳にするようになり、お弁当を作るお母さんはお弁当の中身が傷んでしまわないかと心配ですよね。 まだ抵抗力のない子供のお弁当であればならなおさらの …

友人が出産!お見舞いを避けたり、お祝いを渡す良いタイミングは?

仲の良いお友達からの出産報告。 スポンサーリンク 出産を頑張ったお友達やうまれたばかりの赤ちゃんにすぐにでも会いに行きたいですよね。 でも、ちょっと待って! 出産後、お母さんの体調などを考えると、すぐ …

父の日プレゼント お酒やおつまみ、お酒グッズ等のおすすめはコレ!

今年も父の日が近づいてきましたね。2017年の父の日は6月18日(日)です。 スポンサーリンク 今年も何をプレゼントしようかと考えている人も多いはず! そこで、お酒好きなお父さんを持つ方にむけて、お酒 …