ひなこしき

一人でも多くの誰かの『?』が『!』になりますように。

イベント 子育て 生活

ハロウィンパーティー!準備も簡単で低予算の幼児が楽しめるゲームをご紹介!

投稿日:2017年6月24日 更新日:


ハロウィンパーティーのをみんなで楽しむ企画を考えるのって結構大変ですよね。

盛り上げるためにゲームを考えたとしても、参加者が幼稚園生や小学校低学年くらいの子たちの場合は難易度などもといろいろ考え始めると悩んでしまいませんか?

そこで、パーティーをより一層盛り上げるために、低予算でも幼稚園生でも簡単に楽しめるゲームをご紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンパーティ― 準備いらずでも幼児が楽しめる簡単ゲームは!?

ハロウィンパーティーを企画するとなると、会場手配や、食事、お菓子、パーティの案内など、企画や運営をする人は考えることがたくさんありますよね。

そこに加えて、パーティーを盛り上げるためのゲームの準備などが複雑だったりすると、当日まで本当に大変。

そこで、事前準備が少なくても幼児が楽しめるゲームをご紹介します。

《準備物は景品だけ!幼児が盛り上がるゲーム》
◆誰が一番長い!?じゃんけん列車ゲーム
ご存じの方も多いと思いますが、じゃんけんをして、負けた人が勝った人の肩に手をおき、後ろに連なっていくゲームです。

勝ち続けると、列がどんどん伸びていきます。

途中で負けてしまうと、これまで作った長い列を連ねたまま、勝った人の後ろにつながらなければなりません。

会場にどんどん長い列ができていく様子は見ていてとても楽しめます。

最終的には、2本の列ができあがり、その2本の列の先頭の人同士がじゃんけんをして勝った方の列車のチームを勝ちとします。

最終的にはチーム戦になっていくので、勝った方のチームで景品を山分けというルールにすると途中で負けてしまった園児も最後まで希望を捨てずに楽しめます。

景品については、大人でやる場合は一人100円をもって、負けたら勝った人にその100円を渡していき、一番勝ち続けた人がその100円を総取りできるというような現金を景品にするのが一番もりあがります。

しかし、今回は子供主体のゲームなので、現金はちょっと避けたいですよね。

私が実施した時は、ハロウィンにちなんで、キャンディーやクッキーなど小分けにされたものを景品として用意しました。

始めに1人に1つお菓子をもたせて、負けてしまったら勝った人に渡していくルールでゲームを実施しました。

途中で負けてがっかりしていても、自分の列車の先頭のお友達の最終じゃんけん対決の時には、勝ったらお菓子が沢山、負けたらお菓子0という状況にかなり盛り上がっていましたよ。

ハロウィンパーティーゲーム 低予算で準備も簡単ゲームは!?

ハロウィンパーティーのゲーム、どんなに楽しくても予算がかかりすぎてしまうゲームは避けたいという場合は、新聞紙やいらない紙をつかうゲームがおすすめですよ!

《新聞紙やいらない紙で楽しむゲーム》
◆落とさず勧め!新聞紙リレー
【準備物】
・ボール×チームの数
・新聞紙
・ビニールテープ(なくても可。※ゴールやスタートのラインの目印にあると便利です)

【遊び方】
チーム対抗のリレーです。

チームを2つ以上つくり、チーム内で2人1組になります。

新聞紙を広げ、その上にボールをのせて、二人でその新聞紙を持ってゴールをめざします。

ゴールに着いたら次のペアに新聞紙とボールを渡して、次のペアがスタートしていきます。

ボールを直接手で運ぶのは反則です。

また、ボールが落ちたら、落ちたところでまた新聞紙の上にボールをのせて再スタートです。

新聞紙の上にボールをのせて落とさないように進みながらリレー形式で進め最後のペアが先にゴールした方の勝ちです。

◆しっぽ取りゲーム

【準備物】

・2色のスズランテープ、または、いらない紙⇒それぞれ50cm程度の長さに切ったものを人数分+α用意
(ハロウィンなので、色は紫やオレンジだと雰囲気がでますよ)
・ビニールテープ(なくても可。※陣地の線引きにあると便利です)

【遊び方】
園児達は2チームに分かれます。

それぞれ自分のチームの陣地で、すずらんテープをズボンやスカートにに入れてシッポのようにします。

スタートの合図で、自分のしっぽをとられないように気を付けながら相手チームの子のシッポを取っていきます。

シッポを取られてしまったら自分の陣地に戻り座ります。

制限時間内に、相手のチームのシッポを多く取ったチームの勝ちです。

幼稚園の年少クラスの子達を集めてしっぽ取りゲームをやると大興奮ですから、盛り上がること間違いなしです。

そして、子供たちだけでやらせるよりも、追いかけたり、追いかけられたりする大人が1人でも入る方が子供たちの喜び度はUPします。

参加される場合はオーバーリアクションで参加してみてくさいね!

私が実践した時の話ですが、1回戦は普通にやってみて、2回戦目に特別ルールとして、陣地にシッポの「おかわり」を用意して、復活できるというルールを試してみました。

すると、すぐしっぽを狙われてしまう子も2回戦目は、復活ルールのお蔭で相手チームのしっぽを取れたりと楽しそうに走り回っていたように思います。

新聞紙もスズランテープも比較的簡単に手にはいりますし、事前の準備も簡単ですから試してみてくださいね。

ゲームは準備にも時間がかからず、かつ低予算でゲームが楽しめることにこしたことはないですよね!

スポンサーリンク

ハロウィンパーティーゲーム 親子で楽しめる簡単ゲームは!?

始めの方は、じゃんけんゲームやしっぽ取りゲームなど体を使うゲームをして、最後に落ち着いたゲームを入れてあげるとパーティーにメリハリがでますよ。

そこでオススメなのが、やっぱり『ビンゴゲーム』!

ビンゴゲームであればお母さんやお父さんも一緒に参加してもらいやすいので、パーティに参加した親子で楽しんでもらえます。

そして、知らない人がいないくらい有名なゲームですから、改めて「ゲームの説明」をしなくて良いです。

それから、時間が限られている場合などは時間の調整もできるゲームですので運営側にとってはありがたいゲームですよね。

ビンゴの材料も100均で売っていますので準備も簡単です。

私が担当した時は、ビンゴゲームの景品には以下のものを用意しました。

・100均で買えるようなシール
(女の子向けにはプリンセスやぷくぷくしたシール、男の子向けにはミッキーやカーズなどシールを買いました)
・魚釣りセット
・お医者さんごっこセット
・100均で買った小さいかぼちゃのランタンのケースにお菓子をつめたもの
・塗り絵やノート
・香りつきのティッシュなど

その時ちょうど子供が年少で従妹が年中だったので、2人の興味があったものを中心に選びました。

また、お菓子のつかみ取りを用意しておいて、ビンゴにならなかった子のための参加賞に、お菓子のつかみ取りをしてもらいました。

全体を通してきを付けていたことは、けがなどはもちろんのこと、子供たちがゲームの景品やビンゴでもらったプレゼントの量などで喧嘩にならないかということです。

それが心配で、もらった景品やお菓子などに差がでないように気にしていましたが、一応何かしらがお土産として園児の手に渡り、喧嘩もなかったのでほっとした記憶があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子供があつまるハロウィンパーティーのゲーム、読んでいただいた方に少しでも参考になってもらえれば嬉しいです。

参加した子供たちが楽しめるパーティーが出来ますように…

スポンサーリンク

-イベント, 子育て, 生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

父の日のプレゼント 義父へは食べ物と体験型が人気!?

義理のお父さんへの父の日のプレゼント。 スポンサーリンク 今年も何にしようかと悩みますよね。 趣味やこだわりが強かったりされると尚更悩んでしまいますよね。 そこで、今年の父の日に義理のお父さんに贈るプ …

赤ちゃんの発熱 冷やすタイミングはいつ?冷やす場所や方法をご紹介!

夜中に泣き出した赤ちゃん。いつものように抱き上げたらびっくりするほど熱い! スポンサーリンク 急な赤ちゃんの発熱はホントに心配になりますよね。 そこで、早く熱を下げるために冷やす時の大事なタイミングと …

七夕に願い事をする理由や短冊の色の決まり、笹を使う理由をご紹介!

7月7日の七夕は織姫と彦星が1年で1日だけ会うことを許されている日。 スポンサーリンク しかし、その二人が会う日になぜ私たちがお願いごとをすると叶う。と言われているのでしょうか? そんな疑問を抱えてい …

祖父母の新盆、香典の金額やお供え物の有無に困ったときはこちら!

スポンサーリンク 8月に入ると季節の行事として、多くの地域ではお盆を迎えます。 今年のお盆が亡くなった祖父母の新盆にあたる方もいらっしゃるのではないでしょうか? そこで、今回は祖父母の新盆の法要に招か …

七夕に素麺を食べる様になったきっかけは?索餅との繋がりもご紹介!

子供のころ、七夕の日の食事はどのようなものが食卓にならんでいましたか? スポンサーリンク 我が家はそうめんでした。 小学校高学年のころには、母はゆでるだけの準備の簡単な素麺だから用意したのだろうと思っ …