ひなこしき

一人でも多くの誰かの『?』が『!』になりますように。

イベント 生活

両親が還暦 お祝いのタイミングとおすすめの贈り物をご紹介します!

投稿日:2017年4月23日 更新日:

ご両親が還暦を迎えるということ。

まずはおめでとうございます。

大切なご両親の人生の記念の日ですし、何か記念になるお祝いを!と思うと、お祝い時期やプレゼントなどろいろと悩みますよね。

そこで、今回は還暦祝いのタイミングや贈り物の具体例などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

両親の還暦祝い タイミングはいつがベスト?

還暦のお祝いは、満60歳の歳、数え年で61歳の年に行います。

また、1年のうちどの時期がいいのかというと、基本はお正月から立春の間とされているそうです。

「還暦」というのは、十干十二支(じっかんじゅうにし)の暦が一周してもとに還ること。

ですから、本来は、歴が変わるとき、
つまり「新年」を迎えたときにお祝いすべきものと考えられています。
しかし、最近は、誕生日やお祝いする家族が集まりやすい日に行われることが多く、お祝いの時期は様々なようです。

もし、通例通りと還暦のお祝いを行いたい場合は、
満60歳の年、数え年で61歳の1月~2月頭くらいということになります。

参考までにですが…
例えば、1957年生まれの方は2018年の1月1日に数え年で61歳を迎えます。
つまり、1957生まれの方の還暦祝いをするならば、2018年のお正月から2月頭ということになりますね。

両親の還暦のお祝い 食事や贈り物の相場は?

どこかで会食をということであれば、
贈り物と合わせて15000円~20000円程の方が多いようですよ。

スポンサーリンク

筆者の場合は、父の還暦祝いと退職祝いを兼ねて、父の誕生日付近に家族での会食をしました。

家族で一緒に食事をしてから、姉弟から、イニシャル入りゴルフボールとブランドのポロシャツ、靴下をセットにしてプレゼントしましたよ。

両親の還暦のお祝い 贈り物のおすすめ品


還暦といえば、赤いちゃんちゃんこです。
人によっては赤い下着を贈る方もいるそうですが、実用的でなくあまり好まれない場合が多いような気がします。

そこで、筆者のおすすめは、年配の方をちょっと素敵ににみせるような小物です。(最近の年配の方は還暦といえど、おしゃれな方が本当に多い!)

送る相手が男性の場合
□ブランドの傘
□ブラウン系の柔らかく履きやすいソフトシューズ
□ワインレッド色のベルト

送る相手が女性の場合
□落ち着いた赤の皮ベルトの時計
□皮の手袋
□服
□バックなど

還暦の色にちなんだ、『赤』を取り入れた贈り物を選ぶと、記念にもなるので素敵ですよね。

まとめ

還暦に関してのご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか?

人生の節目のイベント。素敵な1日になるようにぜひいろいろと検討してみてくだいさいね!

ご家族の大切な記念日が素敵な思い出の一日になりますように…。

スポンサーリンク

-イベント, 生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

友人からの2人目の出産祝い 嬉しかったプレゼントや困ったものはなに?

お友達の出産祝いに贈るプレゼント、どんなものを贈ったら喜んでもらえるだろうかと悩んでしまうことありませんか? スポンサーリンク それがお二人目のお子さんの誕生祝いとなると、色々そろっているだろうしと、 …

母の日プレゼント、義理の母へ何を贈る?金額の相場や人気のプレゼントをリサーチ!

今年も母の日が近づいてきましたね! スポンサーリンク 義理のお母さんへの今年のプレゼントはどうしようか?と頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。 せっかくプレゼントするなら、義理のお母様にも喜んで …

ハロウィンのかぼちゃの名前と由来!子供に話したいカボチャ纏わる物語をご紹介

ハロウィンの時期になると必ず見かけるカボチャのお化け。 あのかぼちゃのお化けには、実は名前がついているのをご存じですか? お子さんとハロウィンを楽しむ際に、教えてあげたいハロウィンの事。 おばけかぼち …

夏のお弁当に入れてはいけないおかずや傷みにくくする調味料は?

スポンサーリンク 夏場のお弁当作り。食中毒という言葉もよく耳にするようになり、お弁当を作るお母さんはお弁当の中身が傷んでしまわないかと心配ですよね。 まだ抵抗力のない子供のお弁当であればならなおさらの …

子供の咳と痰がひどい時!薬を飲まずに咳を止める方法をご紹介!

子供の咳風邪って薬をのんでいても、なかなか治りが悪いですよね。 特に、夜中はせきがでやすく、痰が絡んだ咳がではじめると、せき込みすぎて苦しそうだったり、ひどい時には吐いてしまったり…。 そんなお子さん …