ひなこしき

一人でも多くの誰かの『?』が『!』になりますように。

悩み 生活

日焼け後の肌の赤みや痒み、自宅でできる対処方法をご紹介!

投稿日:2017年4月25日 更新日:


海や川や山登りにBBQ。
たのしいイベントが盛りだくさんの夏!

油断して、UVケアを忘れた時には、肌が赤くほてったり、かゆくなった!!
そんな日焼け後のつらい肌トラブルに悩まされた経験はありませんか?

とにかく、かゆい!でもかいたら痛い!!
そんな日焼け後に襲ってくるつらい状態の肌に有効な対処方法をご紹介!

スポンサーリンク

日焼け後の肌の赤みや痒み。自宅でできる対処法は?

日焼け後に、赤みやほてり、かゆみがでてしまった肌。
掻くことでさらに熱くなってヒリヒリ…。一刻も早く解放されたいですよね。

そんな時は、とにかく冷やしましょう

日焼け後に、肌が赤くなったり、ほてったりする状態は肌が火傷をしている状態です。
そこにプラスして、かゆみや痛みの症状がある場合は、
炎症を起こしている状態ですから、すぐに冷やしてあげることが一番効果的なケアになります。

おすすめの対処法としては、タオルを氷水に浸し、
よく絞って赤みやかゆみのある部分に直接あてて冷やす方法
です。

保冷剤などを使って冷やすよりも、
タオルを使って冷やす方が冷え方が優しいので、日焼け後のデリケートもな肌にはオススメですよ。

赤みや痒みの程度にもよりますが、症状が落ち着くまで、
何度も繰り返し冷たいタオルで冷やしてくださいね。

もし、アイスノンや保冷剤を使って冷やす場合は、薄いタオルなどにくるむようにしてから使い、
低温やけどを引き起こさないようにも注意してください。

日焼け後のかゆみ肌 炎症を和らげる近道は化粧水にあり!?

日焼け後の肌の炎症を早くよくするためには、化粧水などでしっかりと保湿をすることが重要になってきます。

なぜなら、日焼け後肌は、極度の乾燥状態にあるだけでなく、外部からの刺激も受けやすくなっているからです。

さらに、紫外線の影響によって肌表面の角層部分もかなりダメージを受けているため、肌内部の水分が逃げやすい状態でもあります。

その状態のままですと、かゆみや赤みなどの症状が長引いてしまいます。

スポンサーリンク

ですから、いつも以上にしっかりと化粧水などで肌にうるおいを与え、乳液やクリームまでつけて水分が逃げないようにしましょう。

方法としては、コットンパックが簡単でおすすめです。

コットンパックの方法
コットンに化粧水をひたひたにつけて、5分間程肌にのせておくだけです。
途中でコットンが乾いてきてしまった場合は、またたっぷり化粧水をしみこませてくださいね。※乾いたコットンを肌に乗せたままにすると、せっかく肌に浸透させた水分がまたコットンに奪われてしまう場合があるので、
長時間コットンを肌にのせたままにしないように注意してください。

日焼け後のトラブル肌に効果的なローションはあるの?また避けた方がいいローションとは?


日焼け後の肌には『アロエ』や『桃の葉』のエキスが入ったものが代表的でオススメです。

どちらのエキスにも、保湿作用抗炎症作用があります。

炎症を抑えながら、保湿も必要とする、日焼け後の肌には最適ですね。

昔から皮膚トラブルに対して家庭で使われるくらい一般的なものなので薬局などで簡単に手に入ると思いますよ。

一方、避けた方がいいローションとしては、アルコール成分や美白成分のふくまれているものです。

アルコール成分が含まれていると、肌につけた化粧水のアルコール成分が蒸発するときに、一緒に肌表面の水分まで奪ってしまい、肌を乾燥させてしてしまいます。

また、ダメージを受けている肌にとってアルコールは刺激も強いことから、アルコールフリーのものを使用することが望ましいです。

それから、美白成分ですが、一般的に美白成分が入った化粧水等は刺激の強いものが多いです。

日焼け後の肌はデリケートですから、肌トラブルを避けるためにも症状が落ち着くまで美白用化粧品はお休みしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

たかが日焼け、されど日焼け。
日焼け後の肌をどうケアするかで、今後の肌状態は左右されますから、日焼け後はできるだけ早くケアしてあげてくだいさいね。

肌の炎症やつらい状態が少しでもはやく落ち着きますように。

スポンサーリンク

-悩み, 生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

梅雨に起こるむくみやめまい 体調不良の原因は何?その改善の近道をご紹介します!

梅雨の時期になると、なんとなく体調がすぐれないときや、病院に行くほどではないけれどむくみやめまい、頭痛などに悩んだりしませんか? スポンサーリンク もしかしたら、それは、体の中の『水』のバランスに原因 …

乳児用麦茶は大人用でもOK?麦茶作りのポイントをご紹介!

そろそろ赤ちゃんにミルク以外の飲み物を飲ませてみようかな。と考えたとき、 スポンサーリンク 手軽にのませやすい飲み物として、麦茶が思い浮かぶお母さんはお多いのではないでしょうか? そこで、大人と一緒の …

祖父母の新盆の法要に欠席 香典の用意は必要?その他マナーもご紹介!

義理の祖父母の新盆の法要。 スポンサーリンク 夫婦そろってどうしても外せない仕事があったり、海外などの遠方に住んでいて帰省が難しい場合など、やむを得ない事情で法要を欠席しなければならないことってありま …

赤ちゃんの紫外線対策はいつから必要?日焼け止め選びや注意点を確認しよう!

外の陽気もぽかぽかと暖かい日が続くようになり、 赤ちゃんがいるご家庭では、一緒にお出かけしやすい時期になりましたね。 スポンサーリンク そこで気になるのが、赤ちゃんの紫外線対策。 1年中降り注いでいる …

子供の咳と痰がひどい時!薬を飲まずに咳を止める方法をご紹介!

子供の咳風邪って薬をのんでいても、なかなか治りが悪いですよね。 特に、夜中はせきがでやすく、痰が絡んだ咳がではじめると、せき込みすぎて苦しそうだったり、ひどい時には吐いてしまったり…。 そんなお子さん …